トップ > 食育キーワード > たまねぎ

たまねぎ 

CQ109_L涙が出るだけじゃない、疲労や不眠症に効果的。

 

たまねぎには独特の辛みと香りがありますが、これは硫化アリルという成分によるもので、胃の消化液の分泌を助けて食欲を増進させたり、新陳代謝を良くしたり、疲労不眠症にも効果的です。

また、ビタミンB1と結合してアリチアミンとなり、ビタミンB1の吸収をよくする効果があります。

 

涙の原因となっている硫化アリルという成分は血液中の脂質の量を減らしたりする働きがあり、薬効をもつ重要な物質でもあります。

 

[主な栄養素]
ビタミンC、カルシウム、カリウム、食物繊維
[効用]
高血圧、不眠症、精神不安定、 疲労
[選び方のポイント]
ずっしりと重みある、皮のしっかりした茶色の、乾いたつやのあるものが良いようです。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ