トップ > 食育キーワード > だいこん(大根)

だいこん(大根) 

CQ055_L消化力抜群の根と優秀な緑黄色野菜の葉、胃には最適の食材。

 

 大根は奈良時代に中国から渡来し、室町時代に一般に食されるようになりました。

 

 根にはアミラーゼという、でんぷん分解酵素が多く含まれ、でんぷんの消化を促進し、胃酸過多、胃もたれや、胸やけ二日酔いに効果的です。

 

ビタミンCは皮に多く含まれ、皮には毛細血管を強くするビタミンPも含まれていて、脳卒中の予防にも有効です。
葉には、カロチンビタミンCカルシウムなどが豊富で優秀な緑黄色野菜と言えるでしょう。

 

[主な栄養素]
ビタミンA効力、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム
[効用]
胸やけ、胃もたれ、二日酔い、吹き出物、大腸ガン
[選び方のポイント]
ずっしりと重みのあるもので葉が青々として皮につやのあるものがよいでしょう。できるだけ葉つきのものがよいですが、葉を切ってあるものであれば、切り口が変色していたり、空洞になっているものは避けましょう。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ