トップ > 食育キーワード > しゅんぎく(春菊)

しゅんぎく(春菊) 

VGT025鍋物の必需品にはカロチンやビタミンCがいっぱい。

 

春に花を咲かせることからこの名がついたといわれる春菊は、1500年ごろに中国経由で日本に渡来したそうです。原産地は地中海沿岸地方で、ヨーロッパでは観賞用として栽培されているようです。食用としているのは東アジア地域だけだとか。

 

α―ピネン、ベンズアルデヒドなどの10種類の成分からなる独特の香りは、自律神経に作用し、胃腸のはたらきをよくするとともに痰(たん)をきりをしずめる効果もあるといわれています。

また、ガン予防肌荒れに効果があるといわれているカロチンビタミンCも多く含んでいます。

 

[主な栄養素]
ビタミンA効力、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム
[効用]
肌のトラブル、高血圧、便秘、ガン
[選び方のポイント]
茎があまり太くなく、葉先まで緑色が濃くみずみずしいもの。葉は根元から密生しているもので、黄色が混じっていたり、黒ずんでいるものは避けましょう。また、伸びすぎていないものの方がやわらかくておいしいでしょう。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ