トップ > 食育キーワード > しめじ

しめじ 

SN100_L 便利なしめじも種類は様々。

 

普段私達が食べているしめじは、ぶなしめじやひらたけという、本来のシメジ属とは違う別種のキノコです。

シメジ属のキノコには、ほんしめじやはたけしめじがあり、特にほんしめじは、市場にはほとんど出回らない貴重なものです。そのため、栽培が比較的簡単な、ぶなしめじやひらたけが主流となり、シメジやホンシメジといった商品名で扱われはじめたようです。

 

ぶなしめじをはじめとするこれらのキノコには、食物繊維が豊富に含まれ、便秘解消に働きかける他、血圧や血中のコレステロールを下げ、高血圧動脈硬化の予防や改善にも良いと考えられています。

また、抗ガン作用を持つ成分も含まれています。

 

グルタミン酸やグアニル酸といった旨味成分を含み、和洋中問わず、幅広く料理に活用出来ます。風味を逃さないよう流水では洗わず、ハケや布巾などで汚れを落とす程度で使うのがよいでしょう。

 

[主な栄養素]
ビタミンD、ビタミンB群、食物繊維
[効用]
便秘、動脈硬化、ガン、高脂血症、肌のトラブル
[選び方のポイント]
見た目にはかさが小さく、張りのあるもの。軸はまっすぐにのびていて、短いものが良いでしょう。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ