トップ > 食育キーワード > ししとうがらし

ししとうがらし 

CQ021_L夏バテ解消のビタミンC、カロチンがいっぱい。

 

先端がライオンの頭に似ているところから「獅子唐辛子」の名がついたといわれ、とうがらしの甘味種です。

同じのとうがらしの仲間でピーマンがあります。成熟すると赤くかたくなりますが、普段食べているのは熟していないものです。

 

からだの免疫機能を高め、疲労を回復させるはたらきをもつビタミンCは、ピーマンよりも多く含まれていて、夏バテ防止にもぴったりの食品といえるでしょう。

 

皮膚や粘膜を正常に保つ効果のあるカロチンも含まれていて、消化器系・呼吸器系の抵抗力を高めるのにも役立つといわれています。

 

[主な栄養素]
ビタミンC、ビタミンA効力、ナイアシン、カリウム、食物繊維
[効用]
夏バテ、腸のトラブル、高血圧、糖尿病
[選び方のポイント]
皮にはりをもち、やわらかく、つやがありにおいの強いもの。緑色が濃い小さめのもので、切り口が新鮮でヘタは黒ずんでいないもの。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ