トップ > 食育キーワード > ホタテ

ホタテ 

AZ167_Lホタテはダイエット食品にぴったり。

 

ホタテはいろいろな料理に高級食材のひとつとして古くから好まれてきました。

 

貝柱は高たんぱく・低エネルギー食品で、ビタミンB2を含み、脂質炭水化物をエネルギーに変化させるはたらきがあるため、ダイエット時のたんぱく源にぴったりです。

また、ホタテにはタウリンも含まれていて、コレステロール低下作用や血圧を正常に保つ作用などもあります。

 

貝柱でとったスープに大根を皮ごとおろした汁を混ぜ合わせたものを毎日食べると効果があるようです。
貝柱を乾燥したものを乾貝(かんぺい)と言って、生のものよりうま味も栄養素も凝縮されています。薬効も上で特に中国料理では高級素材のひとつとして利用されています。

 

[主な栄養素]
ビタミンB2、ビタミンE、たんぱく質、鉄
[効用]
高脂血症、頭痛、めまい、肩こり
[選び方のポイント]
殻つきのホタテは口が少し開いていて、さわるとさっと殻が閉じるもの。むき身なら透明感のある身に弾力のあるものが良い。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ