トップ > 食育キーワード > スジコ・イクラ

スジコ・イクラ 

CZ080_L活性酸素から体をまもるシスチンを含むすぐれもの。

 

サケ・マスの卵巣膜に包まれたまま塩蔵したものがスジコであり、卵の粒を一粒づつ分離してから塩蔵したものがイクラです。どちらもとれたてのサケやマスから卵巣をとりだし、新鮮な状態ですぐに加工したものです。

 

スジコにはシスチンという髪によい成分が含まれています。シスチンはサメの白子などにも見られる物質である含硫アミノ酸の一種です。

 

また、喫煙や飲酒などによって生まれるといわれている活性酸素から体をまもるはたらきももっています。
ビタミンEも含んでおり、肌を若返らせたり、抗酸化作用を持つはたらきがあります。その上にシスチンとビタミンEは互いに作用しあって、肌を整える効果をアップするといわれています。

 

[主な栄養素]
ビタミンA効力、ビタミンB1、ビタミンE、カルシウム、リン
[効用]
抜け毛、脱毛、肌のトラブル、老化、ストレス
[選び方のポイント]
弾力性があり色鮮やかなつやと張りのあるもの。卵の粒がはっきりしているものがよいでしょう。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ