トップ > 食育キーワード > サンマ

サンマ 

AZ088_Lサンマには健康の源がいっぱい。

 

サンマは、ビタミンB12やビタミンA、DHA、EPA、良質のたんぱく質が豊富で、それらの栄養素は脂部分に多く含まれています。

 

ビタミンB12は貧血に、またビタミンA(レチノール)は皮膚や粘膜を丈夫にし、眼精疲労を防止する効果が期待できます。また、ガンの予防にもなるといわれています。

 

DHAとEPA(不飽和脂肪酸)は、動脈硬化、心筋梗塞、高血圧などの予防に効果 的です。

 

また、たんぱく質は必須アミノ酸の構成比から栄養価を判断する「アミノ酸スコア」が100と高く、効率の良いたんぱく質をたくさん摂取できます。

 

サンマは日本人にとっては古くから広く庶民に好んで食べられている魚で、漢字では「秋刀魚」と表す通り、10月中旬頃が旬でこの時期のサンマが一番脂がのっていておいしいとされています。

 

[主な栄養素]
ビタミンA効力、 ビタミンD、脂質、たんぱく質 、ナイアシン
[効用]
ガン、動脈硬化、高血圧、心筋梗塞、骨粗鬆症、眼精疲労
[選び方のポイント]
全体に光沢があり、身がしまっていて、よく太っているもの。背の青色や黒目がはっきりと鮮やかなものが良い。口先と尾の付け根が黄色いものは脂がのっているのでおいしい。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ