トップ > 食育キーワード > サケ

サケ 

DX117_L胃腸を快調にするビタミン群がいっぱい。

 

日本ではサケといえばシロザケを指し、そのほかのサケ科の魚をマスと呼んでいます。

ビタミン群が豊富でとりわけビタミンDが多く、100g(約1切れ)中に130IUも含んでおりカルシウムの吸収に役立ちます。

まとめて摂ったほうが有効であるビタミンB群B1B2・ナイアシンなど)は、成長促進、消化を助ける、胃腸障害をやわらげる、血液循環をよくするなどの効果があげられますが、サケはそのビタミン群をすべて含んでいます。

 

さらには良質なたんぱく質を100g中20gも含んでいます。血行をよくして肩こりを解消したり、胃腸を温めたりするビタミンEやDHAも多く含んでいるので脳細胞を活性化するということから、デスクワークで疲れやすい人におすすめの魚です。

 

また、サケは加工しても栄養が損なわれません。粕漬け、くんせいなど加工食品もたくさんあります。

 

[主な栄養素]
ビタミンA、ビタミンB1、 ビタミンD、ビタミンE、ナイアシン
[効用]
頭痛、カゼ、骨軟化症、胃弱、冷え性、血行促進
[選び方のポイント]
皮膚が銀色に光っているものがよく、脂肪が白い筋状に入っているもの。はらわたを取ったあとが黄色に変色しているものは避けましょう。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ