トップ > 食育キーワード > イワシ

イワシ 

AZ102_L丸ごと食べれば最高のバランス食品。

 

イワシは血液をサラサラにしたり、血栓や梗塞を防いでくれる、EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)という不飽和脂肪酸がたいへん多く含まれています。

 

また、骨粗鬆症を防ぐカルシウムも多く含まれ、その吸収を促進させるビタミンDも含まれているので、イワシは丸ごと食べると効果的です。

 

さらに、タンパク質、脂肪も良質で、ビタミンB2も含まれ、成長期の子供からお年寄りまで、積極的に食べたい魚です。

和風、洋風といろいろな料理で楽しみながら食べましょう。

 

[主な栄養素]
ビタミンB2、ビタミンD、脂質、たんぱく質、カルシウム
[効用]
脳卒中、動脈硬化、脳血栓、骨粗鬆症
[選び方のポイント]
全体的に身がしまってピンと張っていて、うろこもしっかりしてつやがあり、目がいきいきしているものが新鮮でしょう。腹が割れていたり、色が茶色模様になっていたりするものは避けましょう。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ