トップ > 食育キーワード > びわ

びわ 

咳止め効果抜群、疲労回復、食欲増進にも有効。

 

びわは、その名のとおり実や葉が楽器の琵琶に似ているところからこの名がついたといわれています。

果汁がたっぷりで酸味が少なく、甘い果実として人気があります。日本では、西部や南部の暖かい土地に原生し、古くより食されてきました。毎年11月頃から1月頃に花が咲き、次の夏に実がなります。

 

びわは、カロチンの含有量が果物の中でも多い方で、2個食べれば1日の必要量の5分の1が摂取できるようです。

風邪で咳が止まらないときなどに効果的なビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、りんご酸、クエン酸等を含み、お肌の健康を保つのにも良いようです。

 

[主な栄養素]
ビタミンA効力 | ビタミンC | カリウム | 糖質
[効用]
風邪 | 咳 | 痰 | 疲労 | 肌のトラブル
[選び方のポイント]
皮につやがあり、実に弾力があり白い毛がはえているもの。色は鮮やかなだいだい色のものがよいでしょう。
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ