トップ > 食育キーワード > バナナ

バナナ 

体力が落ちているときの栄養補給に最適の理想的なエネルギー源。

 

熱帯に最も広く栽培されている果樹で、日本に輸入されているもののほとんどは糖分が多く甘い生食用ですが、でんぷんが多く炒め物などの料理に使うバナナもあります。

 

ほかに、台湾バナナ、フィリピン産のカーベンディッシュ、皮の赤いモラードなどがあります。

 

南の島々ではバナナを主食にしているところがあるほど果物にしては糖質が多く、病人や子ども、激しい運動をする人のエネルギー源に適しているといわれるように、糖質は完熟すると消化吸収のよい果 糖やぶどう糖に変わるといわれています。

また、腸のはたらきを活性化する腸内のビフィズス菌を増やすオリゴ糖も含んでいるため、便秘予防にもよいとされています。

 

[主な栄養素]
ビタミンC | 糖質 | カリウム | マグネシウム
[効用]
便秘 | 風邪 | 発熱 | 肌のトラブル
[選び方のポイント]
軸が黒ずんでいるものは避け、皮が均等に黄色く色づいた、色が濃いものがよい。褐色の斑点が出ているのが食べ頃。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ
ページのTOPへ