トップ > 食育キーワード > すいか

すいか 

EM193_L体温を下げるので、夏の暑さをしのぐには最適。

 

西から来た瓜ということで『西瓜』の字があてられており、日本へは15~16世紀頃、中国経由で渡来したといわれています。

世界的には4000年前、すでにエジプトで栽培されていたという説があり、原産地はアフリカ大陸赤道付近です。

 

強い利尿作用を持つシトルリンという成分を含み、水分が多いのが特徴で、腎臓病だけでなく、心臓病、高血圧、妊娠中のむくみ取りに効果があるとされています。 カリウムも多いので、これもまた利尿作用や血圧低下作用があります。

 

皮には実以上に高い利尿作用があり、皮を 煎じたものは糖尿病・腎炎に、種を煎じたものは、膀胱炎・咳・高血圧に効果があるといわれています。

 

[主な栄養素]
ビタミンC | ビタミンA効力 | カリウム
[効用]
腎臓病 | 高血圧 | 症状 | むくみ | 二日酔い
[選び方のポイント]
切ったものであれば、果肉の色が鮮やかで種は黒々したもの。また、縞がはっきりとした、色つやのよいもの。
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ