トップ > 食育キーワード > キウイフルーツ

キウイフルーツ 

EM157_LビタミンCはみかんの約2倍。

 

キウイフルーツには、ビタミンCやアクチニジン、ペクテンなどが多く含まれ、特に愛煙家には是非おすすめしたい果実の一つです。

 

ビタミンCの含有量 はみかんの約2倍と多く、肌荒れや風邪の予防、疲労回復、スモーカーのビタミンCの補給などに適した果物です。

 

また、たんぱく質を分解するアクチニジンが含まれているため、肉類の後に食べることにより、消化を助けるはたらきがあります。 他にも食物繊維のペクチンも豊富に含んでいて、便秘などにもすぐれた効果があります。

 

原産地は中国で、現在ではニュージーランドが主産地になっています。名前の由来は、ニュージーランドの国鳥であるキウイに形が似ているところから名づけられたようです。

 

[主な栄養素]
ビタミンC | ビタミンA効力 | ビタミンE | カルシウム
[効用]
疲労回復 | 風邪 | 胃もたれ | 便秘
[選び方のポイント]
手にとって弾力性があるもの、表皮のうぶ毛がきれいに生えそろっているもの、きずがないもの。
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ