トップ > 食育キーワード > かき(柿)

かき(柿) 

DU051_L栄養たっぷりの秋の味覚は、二日酔いにも効果あり。

 

日本を代表をする秋の果物のひとつである柿。原産地は東アジアですが、近年アメリカの大西洋沿岸などでも栽培地が広がっています。ちなみに、ヨーロッパでも日本語のまま「かき」の名で呼ばれているそうです。

 

みかんの約2倍に値するビタミンCの含有量 は、100g中70mg(甘がきの場合)も有り、血圧を下げる効果 があるとされているカキ渋タンニン(渋味の成分のひとつであるタンニンの一種)も含んでいます。

 

また、 血中アルコール濃度の上昇を抑制するアルコールデヒドロゲナーゼというアルコールを分解する酵素や、利尿作用のあるカリウムも含んでいるため、二日酔いにも効果があるとされています。

 

[主な栄養素]
ビタミンC | ビタミンA効力 | カリウム
[効用]
二日酔い | 乗り物酔い | 風邪 | 高血圧
[選び方のポイント]
へたが生き生きとしていて元気良く、頭部はとがっている形が均一なものがよいといわれています。色づきは実全体に平均的に濃く、皮にはりとつやがあるもの。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ