トップ > 食育キーワード > みそ

みそ 

CU112_L味噌汁は胃ガンを予防するとっておきの健康食品。

 

みそ汁を常食している人は胃ガンになりにくいとよく言われていることですが、これは大豆のたんぱく質に抗ガン作用があることが医学的にも解明されてきたためです。

 

麹(こうじ)による発酵作用で、大豆の良質なたんぱく質がアミノ酸に変化し消化しやすくなります。

アミノ酸にはニコチンの害を防ぐ、肝臓の解毒作用を助けるはたらきもあり、たばこや酒をたしなむ人は毎日みそ汁を飲むとよいでしょう。

 

そのほか、乳酸菌が含まれていて大腸のはたらきを活発にし、便秘、下痢にも効果 があります。また、大豆の成分のコリンがレシチンに変化することにより、肝臓の中に入ったアルコールが脂肪になって蓄積されるのを防ぐ効果 があるので、二日酔いなどにみそ汁がよいと言われる所以です。

 

[主な栄養素]
鉄 | リン | カルシウム | カリウム | たんぱく質
[選び方のポイント]
天然醸造のものや色むらがないもの。酸や薬品などの臭いがしないものが良い。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ