トップ > 食育キーワード > そば

そば 

ES072_L-2そばを食べて動脈硬化を防ごう。

 

そばのでんぷんは消化がよく、たんぱく質やアミノ酸もバランスよく含まれていて、栄養価の高い穀物と言えます。

 

ビタミンPの一種でルチンと言う成分は毛細血管を丈夫にする作用があり、高血圧や脳卒中などの予防にも効果 があります。

そのほか食物繊維も多く便秘や下痢にも効果 があり、疲労回復にも効果 があるビタミンB1なども含まれます。

 

そばは、日本へは原産地の中国雲南省から奈良時代に朝鮮を経て伝えられ、江戸時代になって広く食べられるようになったようです。

 

[主な栄養素]
リン | ビタミンB1 | ナイアシン | たんぱく質 | 食物繊維
[効用]
動脈硬化 | 高血圧 | 便秘
[選び方のポイント]
生地のつなぎは、小麦粉、やまいもなどを利用するが、そば粉の配合が多ければ多いほど良い。生麺やゆで麺は新しいほど良い。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ