トップ > 食育キーワード > 緑茶

緑茶 

DX099_Lガンやアレルギー予防・老化防止など、健康増進の効果がいっぱい。

 

緑茶は動脈硬化の予防、血糖低下などの効果 があり、ビタミン類の中でも特にビタミンCが多く、風邪予防・美肌効果 などがあるといわれています。

 

最近では含まれる成分の一つである、カテキン(一般 にタンニンと呼ばれる渋み成分のこと)が注目されています。

タンニンには、癌(がん)予防や花粉症、接触性アレルギー性皮膚炎などに効果 があるといわれ、止血・抗菌・鎮痛効果 などの皮膚を収縮させる収れん作用も持っています。

また、フラボノイドという成分も含んでおり、口臭を防ぐとともに血管の柔軟性を保ち、血圧を下げるとも言われています。

 

一般 的にはお茶は飲むものとされていますが、島根のぼてぼて茶、富山のばたばた茶、沖縄のぶくぶく茶など食べるようにいただくお茶もあります。

 

[主な栄養素]
ビタミンA効力 | ビタミンC | 鉄 | ビタミンB1 | ビタミンB2
[効用]
アレルギー全般 | 花粉症 | 眠気 | 高血圧 | 癌全般 | 風邪 | 高脂血症
[選び方のポイント]
光沢があり、色が深緑のもの。形がそろっているもの。
食育大事典facebookページ
ページのTOPへ