トップ > 食育キーワード > ひじき

ひじき 

ひじき驚異的な鉄分を含む低カロリーな栄養食品。

 

ひじきには鉄、カルシウム、リン、カリウム、ヨウ素が多く含まれ、特にカルシウムはこんぶの2倍、鉄は牛乳の500倍も多く含まれる優れものです。

 

ミネラルと食物繊維も多く含むため、血液をきれいにするほか、高血圧や動脈硬化の予防にも効果があります。

 

また、カルシウムは骨を丈夫にし、中枢神経をやわらげイライラをしずめるなどのはたらきがあります。

 

多量に含まれる鉄分は貧血に有効ですが、ひじきの鉄は吸収しにくいため、野菜と一緒に摂取するとビタミンCが鉄の吸収をよくしてくれます。

 

[主な栄養素]
カルシウム | 鉄 | マグネシウム | ビタミンA効力 | 食物繊維
[効用]
高血圧 | 骨粗鬆症 | 甲状腺腫 | 貧血 | 便秘
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ