トップ > 食育キーワード > うめ・うめぼし

うめ・うめぼし 

DU159_L疲労回復に役立ち、胃腸のはたらきを活発にする。

 

梅は、奈良時代以前に中国から持ち込まれ、当時は観賞用の花として栽培されていたそうです。

梅の実には多くの薬効があり、色んな民間療法に取り入れられています。

梅には特に有機酸が多く含まれており、その中でもクエン酸は、エネルギーや乳酸の代謝を良くし、疲労回復や夏バテ解消に効果があるといわれています。

 

加工品として、梅干し・梅酢・梅酒・梅肉エキスなどがあります。 梅干しは、青梅を塩漬けして日に干した保存食。弁当には付き物ですが、防腐・殺菌作用を利用した、昔からの知恵と言えるでしょう。

でも、塩分の含有量が多いので、一度に食べ過ぎないようにしましょう。

 

[主な栄養素]
鉄 | カリウム
[効用]
食あたり・食中毒 | 二日酔い | 食欲不振 | 疲労
[選び方のポイント]
青梅は、粒が揃っていて皮に虫食いや傷がなく、色鮮やかなものを選びましょう。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ