トップ > 食育キーワード > ヨーグルト

ヨーグルト 

DX046_L善玉菌を増やす乳酸菌が腸の健康を保つ。

 

“ブルガリア”で有名なヨーグルトは、ブルガリアの長寿食として親しまれ、ケーキやドレッシングの材料として使われるプレーンタイプをはじめ加糖タイプ、果肉入り、液状、フローズンなどがあります。

牛乳や脱脂乳に2~3%の乳酸菌を加え、4℃前後で発酵させて作られています。

 

腸内のビフィズス菌などの善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすはたらきをもつ乳酸菌を含むヨーグルトは、腸の健康をまもり新陳代謝を活発にするために老化防止にも効果 があるとされています。

 

食物繊維に似た整腸作用があるビフィズス菌は、常食すれば便秘・下痢などに効果 があり、便秘が解消できれば新陳代謝も活発になり、老化防止、美容効果 も得られることでしょう。

また、血中コレステロールを減らす、からだの免疫機能を高めるなどのはたらきもあり、病気予防やけがの治療をはじめ、癌(がん)の予防にも期待できるのではないかといわれています。

 

カルシウムもヨーグルトには含まれており、たんぱく質や乳酸と結びつき吸収されやすくなっています。
乳酸菌によって分解されるヨーグルトのたんぱく質はペプチドやアミノ酸になっていることから乳幼児・お年寄りや病中病後の人でも無理なく消化吸収できやすいといわれています。

 

[主な栄養素]
カルシウム | ビタミンA効力 | ビタミンB2 | たんぱく質 | 脂質
[効用]
便秘 | 下痢 | 老化 | ガン | 骨粗鬆症
[選び方のポイント]
上澄み液の量があまり多くなく、きれいな白色をしているもの。製造年月日の新しいもの。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ