トップ > 食育キーワード > 小豆

小豆 

DV132_Lサポニンで便秘とむくみを解消。

 

小豆の原産地は温帯アジアで、1200年以上前に中国から渡来したと言われています。

日本では、和菓子のあんこや甘納豆などに加工され、古くから食されています。ちなみに、小豆のあんこは日本独特のもので、日本の食文化を語るのに欠かせない物です。

 

小豆にはビタミンB1が含まれており、糖質をエネルギーに変え、糖質が筋肉内に蓄積して疲労物質に変わるのを防ぎ、疲労回復、肩こり、筋肉痛などに効果 があります。

 

また、食物繊維が便秘を解消し、サポニンはコレステロールや中性脂肪を低下させ、高血圧、高脂血症の予防効果 も期待できます。

サポニンには高い利尿作用もあり、むくみにも有効です。

 

[主な栄養素]
ビタミンB1 | リン | 鉄 | カリウム | 食物繊維
[効用]
むくみ | 疲労 | 夏バテ | 便秘 | 高血圧 | 高脂血症
[選び方のポイント]
皮が薄く大きくてふっくらした粒がそろっている物で、紅色が濃く、つやのあるものが良いでしょう。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ