トップ > 食育キーワード > イカ

イカ 

AZ157_L良質のタンパク、ワタや墨にも薬効がいっぱいのヘルシー食品。

 

イカは低脂肪、低カロリー、高タンパク質で、肥満、高脂血症、糖尿病などの心配のある方にはお薦めのヘルシー食品で、ダイエット中のタンパク源には最適です。

 

イカの種類は多いのですが、代表的はものは、スルメイカ、コウイカ、アオリイカ、ホタルイカ、ヤリイカなどで、内臓も食べられるホタルイカは、ビタミンAの摂取もできます。

 

またイカに多く含まれるタウリンが、血中のコレステロールを下げる、中性脂肪を減らす、血圧を正常に保って、動脈硬化、糖尿病等を予防するのに有効といわれています。

 

また、たんぱく質の一種のリゾチームという防腐力の強い物質がイカの墨に含まれていて、この成分が癌(がん)に有効であるそうです。

 

漢方では煎じて、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの飲み薬に使用されているほど、いろいろな薬効があるようです。

 

[主な栄養素]
たんぱく質 | カリウム | タウリン
[効用]
動脈硬化 | 脳卒中 | 糖尿病 | 癌全般 | 高脂血症
[選び方のポイント]
秋から冬にかけてが、旬の頃。胴が乳白色で透き通っていてツヤのある、身に弾力のあるものが新鮮といえるでしょう。時間が経つとすぐに皮がくすんで身が変色してきます。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ