トップ > 食育キーワード > 鶏肉

鶏肉 

CM142_L-2低カロリー高たんぱく、ビタミン類も含むヘルシー食品。

 

牛肉・豚肉に比べて淡白で食べやすいということから親しまれていますが、たんぱく質を豊富に含み、脂肪が少なく、胃腸の弱い人のたんぱく源には最適でしょう。

 

ダイエット中の人は、皮を除いて料理するとカロリーも一段と低くなり、良質なたんぱく質と共にビタミンAも摂取できます。病後の体力回復にも役立つでしょう。

 

ビタミンAはガン予防にも有効です。また、脂質には不飽和脂肪酸が多く含まれています。

 

今までの種類の他に、改良品種で名古屋コーチン、薩摩鶏、比内鶏など種類も増えていろいろな風味を楽しめるようになってきました。味のバリエーションも楽しんで食べましょう。

 

[主な栄養素]
たんぱく質 | ビタミンA | ビタミンB1 | ビタミンB2 | ナイアシン
[効用]
胃弱 | 体力回復 | 癌全般
[選び方のポイント]
肉に厚みがあり、しまっているもの。皮の毛穴の周囲が盛り上がっているもの。皮全体にちりめん状のしわが多くつやのあるもの。肉にもつやがあるものが良いでしょう。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ