トップ > 食育キーワード > 骨粗鬆症

骨粗鬆症 

骨粗鬆症とは、カルシウムが不足し、骨の組織がスカスカになり骨がもろくなって、足の骨が折れたり、腰の骨が砕けたりする病気です。

 

これを予防するには、カルシウムを多く摂取することはいうまでもありません。

同時に、カルシウムの吸収を促すビタミンDも摂りましょう。また、カルシウムの骨への定着を促すために、適度な運動も必要です。

 

[効果的な食材]
イワシ | 牛乳 | こまつな(小松菜) | シジミ | シラス・ジャコ | ひじき(ヒジキ)
[健康レシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ