トップ > 食育キーワード > にきび

にきび 

にきびは、思春期から20歳代に多くあらわれ、顔をはじめ、背中や胸などにできます。

この時期はホルモンの分泌が大きく変化し、男性ホルモンがたくさん分泌されるようになるからです。

 

男性ホルモンは皮脂の分泌を盛んにする働きがあり、皮脂の出口になる毛穴がつまりやすくなります。そこに細菌が感染して、炎症を起こすのです。

これに加え、睡眠不足、脂質や糖質の多食、油性化粧品の使用、便秘やストレスなどがあれば、さらににきびを増やすことになります。

 

治療には、薬を用いるほか、洗顔をこまめにおこなって皮膚を清潔に保つとともに、食事を改善することでもかなりよくなります。

 

[効果的な食材]
スクワラン | スイカズラ | スベリヒユ | タンポポ | ドクダミ | ネナシカズラ | ノイバラ | ハトムギ | ヤブガラシ | ユキノシタ
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ