トップ > 食育キーワード > 紫外線

紫外線 

日光に含まれる紫外線により、メラニン色素が部分的に過剰合成され、しみの原因になります。また、紫外線には、皮膚の弾力を失わせ、老化を早める作用もあります。

 

そのように、悪い作用ばかりがあると思われていますが、紫外線にまったくあたらないと体内でビタミンDを合成出来ず、様々な病気になる可能性もありますので、適度に日光に当たるようにしましょう。

 

[果的な食材]
うめ(梅)・うめぼし(梅干) | きくらげ | 胡麻(ごま・ゴマ) | やまのいも(山芋) | 蓮根(れんこん・レンコン)
[健康レシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ