トップ > 食育キーワード > 眼精疲労(疲れ目)

眼精疲労(疲れ目) 

目の痛み、かすみ、チカチカ、涙が出る、充血、眩しい、それに伴う、頭痛、肩こり、めまい、吐き気などをいいます。

 

現代人は目を酷使する人が増えた為、目の疲れからくるこれらの諸症状を感じる人が増えています。 目の使い過ぎ、過労、睡眠不足などからもおこる疲れ目は、目と体を休ませる事と栄養バランスのよい食事を心掛けましょう。

 

緑黄色野菜に多く含まれるビタミンAには、目や口の粘膜を強くしたり、明暗調節をする作用があります。また、アントニン色素が視覚機能に働くことですっかり定着したブルーベリーの他にも、赤い色の元になっているリコピンが目の老化防止にもなるようです。

 

トマト、ニンジン、かぼちゃ、にら等も毎日のメニューに加えて目を守りましょう。

 

[効果的な食材]
アワビ | エビスグサ | 菊 | キンシン采 | さつまいも(サツマイモ) | 春菊 | ナズナ | にんじん(ニンジン) | 番茶 | ヤツメウナギ | レバー
[健康レシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ