トップ > 食育キーワード > 脳卒中(脳出血・脳梗塞など)

脳卒中(脳出血・脳梗塞など) 

脳卒中には、脳出血、脳梗塞、クモ膜下出血があります。 脳出血は主に高血圧が原因で脳の血管が切れて出血します。動脈硬化や高血圧で脳の血管が細くなったり、血の固まり(血栓)が脳の血管につまって起こるのが、脳梗塞です。

 

若い人にも起こるのがクモ膜下出血で、脳の動脈瘤破裂がおもに元となり、脳の外側にあるクモ膜下で出血が起こります。

予防は、高血圧、動脈硬化にならないように注意することです。また、コレステロールが少なすぎると脳出血が起きやすくなりますが、多すぎると脳梗塞の危険が高まるので、適正な数値を保つようにすることが大切です。

高脂血症の心配がなければ、鶏卵や肉類もしっかり取ったほうがよいでしょう。

 

[効果的な食材]
カキ(牡蠣) | こんぶ(昆布) | サバ(鯖) | サンマ(秋刀魚) | すっぽん | タマリンドエキス | 納豆
[健康レシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ