トップ > 食育キーワード > 胆石症

胆石症 

胆のうに胆汁の成分が固まって石ができる病気が胆石症です。脂肪の多い食事や運動不足に原因があるといわれていますが、まだ明らかではありません。

 

症状としては、みぞおちから右の肋骨の下あたりが激しく痛み、右肩や背中まで痛むこともあります。

 

胆石症の対策としては、脂肪を取りすぎない、特に油ものを避けるようにしなければなりません。また、胚芽米、大豆、野菜類、果物、海藻、きのこなどに多い食物繊維を積極的に摂取するようにしましょう。

 

[効果的な食材]
うめ(梅)・うめぼし(梅干) | えのきだけ | かぼちゃ(南瓜) | こんにゃく(コンニャク) | さつまいも(サツマイモ) | しめじ(シメジ) | ハトムギ
[健康レシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ