トップ > 食育キーワード > 食中毒

食中毒 

食中毒は別名「食あたり」ともいい、その原因は細菌、自然毒、化学物質などを口内に入れることによって、腹痛、下痢、嘔吐などの症状が起きます。

 

手当てとしては、毒物をすぐに吐き、体内から出すことが必要です。そのとき、食塩水を飲み、人差し指と中指で舌の根を押さえるようにして吐くとよいでしょう。

 

吐いたあとは、安静と保温を第一にして、下痢が止まるまで水分の補給以外は絶食します。また、できるだけ早く医師の診察を受けましょう。

 

[効果的な食材]
あずき(小豆) | うめ(梅)・うめぼし(梅干) | かぶ(カブ) | しそ(シソ) | 生姜(しょうが・ショウガ) | タデ | つわぶき | とうがん(冬瓜) | 茄子(なす・ナス) | ナンテン | 蜂蜜(はちみつ) | ヨモギ
[健康レシピ]
食育大事典facebookページ
ページのTOPへ