トップ > 食育キーワード > 夏バテ

夏バテ 

夏バテはおもに、冷房がきいた部屋と室外との気温差が激しいなど、暑さや湿気の急激な変化に体のリズムがついていけず、自律神経の働きが鈍くなることから起こります。

症状としては、全身がだるい、思考力が鈍る、食欲がなくなる、風邪(夏カゼ)をひく、下痢をおこす、などがあります。また時には、頭痛、発熱、めまいといった症状を伴うこともあります。

 

これらの症状に悩まされる人は、まず体力を養うことが大切です。食欲がないときでも、たんぱく質やビタミン、ミネラルを中心に、良質なものを少量 でも食べるようにしましょう。 さらに、食欲を刺激するために香辛料を使ったり、香りの強い野菜を摂取するよう心がけましょう。

 

また、極度な温度差は体に負担がかかるので、冷房の設定温度は下げすぎない、寒い室内では温かい飲み物やひざ掛け、カーディガンを利用するなどの工夫も必要です。

 

[関連するおすすめの食品]
〈エネルギー代謝の促進〉
ウナギ | 枝豆 | ねぎ(ネギ) | 豚肉
〈食欲不振の改善〉
ししとうがらし(しし唐辛子) | 生姜(しょうが・ショウガ) | とうがらし(唐辛子) | みょうが(ミョウガ)
〈消化活動の正常化〉
パイナップル | もやし(モヤシ)
〈胃の粘膜の保護〉
オクラ | やまのいも(山芋)
〈良質なタンパク質を多く含む〉
豆腐
〈のぼせの解消〉
とうがん(冬瓜)
[健康レシピ]
食育大事典facebookページ
ページのTOPへ