トップ > 食育キーワード > 胃炎

胃炎 

急性胃炎は、急激に何らかの原因で胃粘膜が障害を受け、胸焼け、嘔気、みぞおちの不快感、痛みが出現します。

 

ストレス、アルコール、喫煙、暴飲暴食、食中毒、香辛料の摂りすぎなどが原因でおこります。これが、改善されずに長期に及ぶと慢性胃炎となり、同様の症状が固定してしまいます。

 

最近、慢性胃炎のひとつである萎縮性胃炎の原因に胃・十二指腸潰瘍と同様、ヘリコバクター・ピロリ菌が関与するといわれています。規則正しい生活、暴飲暴食をさけ、睡眠、休養を十分取るよう心がけましょう。

 

[効果的な食材]
かぶ(カブ) | こんぶ(昆布) | だいこん(大根) | センブリ | にら | ヨモギ
[健康レシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ