トップ > 食育キーワード > 腹痛

腹痛 

痛の多くは、食道や胃腸などの消化器系の病気や、泌尿器系の病気、女性では子宮や卵巣などの婦人系の病気で見られます。また、心臓病でも腹痛が起こるときがあります。また、食べ過ぎや飲み過ぎ、便秘、精神的な緊張からでも腹痛が起こります。

このように原因がはっきりしているときは、おなかを温め、半日程度絶食をして安静にしていれば大丈夫です。また絶食後の食事については、胃腸が元通りに回復するまで消化吸収のよい食べ物を食べるようにしましょう。

 

脂肪分の多い物や冷たい飲み物、生野菜、ごぼうやひじきのような繊維質の多い食品は避けるようにしましょう。

[効果的な食材]
かぶ(カブ) | しそ(シソ・大葉) | 生姜(しょうが・ショウガ) | サンザシ | 当薬 | ハコベ
[健康レシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ