トップ > 食育キーワード > 貧血

貧血 

貧血は、血液の成分である赤血球や、その中に含まれているヘモグロビンという赤い色素の量が減少した状態をいいます。このヘモグロビンの主成分が鉄で、そのため体内の鉄分が不足すると貧血になるのです。特に女性は月経による出血で鉄が不足しがちになります。

 

食事による鉄分補給が大切ですが、その際、野菜や穀類に含まれる鉄は非ヘム鉄といって、体への吸収率が鉄分全体の2~5%と低く、肉や魚などに含まれるヘム鉄は15~25%と高くなっています。

 

鉄分を効率よく取るには、野菜よりも肉や魚から摂取するのが望ましいでしょう。かといって、貧血には鉄分さえ取ればそれでよいわけではなく、鉄の吸収を高めるタンパク質やビタミンCも、合わせてしっかり取る必要があります。

 

[効果的な食材]
アサリ | ウナギ | カツオ | キャベツ | クロレラ | 高麗人参 | 小松菜 | 昆布 | シジミ | しそ(シソ・大葉) | じゃがいも(ジャガイモ) | すっぽん | スピルリナ | にんじん(ニンジン) | はちみつ(蜂蜜) | パセリ | ハマグリ | ひじき(ヒジキ) プルーン | ほうれん草(ほうれんそう・ホウレンソウ) | 松の実 | ラズベリーリーフ | レバー
[健康レシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ