トップ > 食育キーワード > ビタミンA

ビタミンA 

目と粘膜を正常に保ちガン予防にも期待

ビタミンAには、皮膚や粘膜、髪、目の働きを正常に保つ、肺や気管支などの呼吸器系統の病気の感染に対して抵抗力をつける、生殖機能を維持する、成長を促進する、といった働きがあります。また、ガンの予防や治療に効果がある点も、注目されています。

 

レチノールとβ-カロテン

脂溶性ビタミンであるビタミンAには、レチノールとβ-カロテン(β-カロチン)の2種類があります。 レチノールは、レバーやウナギなど動物性のものに含まれる、ビタミンA効力を持つ成分のことです。

β-カロテンは、主に緑黄色野菜などの植物性食品に含まれ、体内でビタミンAに変換されます。 β-カロテンの場合、体内で必要な分だけがビタミンAに変換されます。レチノールは、摂り過ぎると過剰症が出る恐れがありますが、通常の食事であれば、特に心配はないようです。しかし薬品やサプリメントなどの栄養補助食品の場合、過剰に摂取し過ぎると、疲労感や吐き気、睡眠障害、食欲不振、皮膚の荒れ、夜盲症などを引き起こす場合があるので、その成分と摂取量をしっかり確認してから摂取するようにしましょう。

 

※ビタミンA(μgRE) 成人1日あたりの推奨量:男性:700~750μg 女性:600μg

(推奨量…ある性・年齢階級に属する人々のほとんどが1日の必要量を満たすと推定される1日の摂取量)

 

[関連する食品]
【β-カロテン】
かぼちゃ(南瓜)、春菊、にんじん(ニンジン)、ほうれん草(ほうれんそう・ホウレンソウ)、モロヘイヤ、など

【レチノール】
ウナギ、ホタルイカ、レバー、など
[健康レシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ