トップ > 食育キーワード > ビタミンB6

ビタミンB6 

たんぱく質の代謝を促す

ビタミンB6は、たんぱく質の代謝を促すために必要なビタミンです。 健康な皮膚や髪、歯をつくり、成長を促進するので、特に発育期の子供や妊婦、授乳婦には不可欠です。 また、免疫機能を正常に保つ働きもあります。

 

欠乏症は起こりにくい

ビタミンB6は、特に魚類に多く含まれていますが、腸内細菌によって合成されることがあるので、欠乏症は起こりにくいといわれています。 しかし、抗生物質の長期間服用によって腸内細菌の数が減少していたり、ホルモンの関係で欠乏する場合もあります。

 

※ 成人1日あたりの推奨量  男性:1.4mg  女性:1.2mg

(推奨量…ある性・年齢階級に属する人々のほとんどが1日の必要量を満たすと推定される1日の摂取量)

 

[関連する食品]
【ビタミンB6を多く含む】

イワシ、カツオ、サバ(鯖)、サンマ(秋刀魚)、マグロ、レバー、など
[健康レシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ