トップ > 食育キーワード > 生理痛

生理痛 

月経痛(生理痛)の症状としては、下腹部や腰の痛み、頭痛や眠気、イライラなどの症状を訴える場合もありますが、何の症状もない場合もあり、個人差が大きいものです。

 

原因は、ホルモンのバランスが崩れることとされ、ふだんから軽い運動を心がけて下腹の血液循環をよくすると、症状が緩和される場合もあります。それ以外には、子宮内膜症・子宮筋腫・子宮卵管の炎症・子宮の位置異常などの病気が原因となり、月経痛がおこる場合もあります。

 

食事の面では、不足しがちなビタミン、鉄分、ミネラル類を摂取するとともに、乳製品や緑黄色野菜、肉類、魚介類、大豆製品をバランスよく摂取することが第一です。

 

[効果的な食材]
サフラン | 塩 | せり | にら | ローズヒップ
[健康レシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ