トップ > 食育キーワード > しみ

しみ 

しみは、薄い褐色の色素斑で30歳以上の女性に多く見られます。

しみの主な原因は日焼けで、紫外線に当たるとメラニン色素を合成する酵素が活性化され、皮膚にメラニンが沈着して色が濃くなったり、数が増えたりします。

その他、しみはにきびあと、ホルモンの異常、ストレスによってもできます。

 

予防法としては、紫外線の強い夏などには日光にできるだけ当たらないこと、さらにビタミンCの豊富な食べ物を取ることが大切です。

 

[効果的な食材]
小豆 | アマドコロ | さつまいも (サツマイモ) | シジミ | のり(海苔) | ブロッコリー
[健康レシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ