トップ > 食育キーワード > 子宮筋腫

子宮筋腫 

子宮筋腫とは、子宮筋肉の層にできる良性の>腫瘍のことをさします。20歳以下の女性に発生することはまれで、30歳、40歳と年齢を重ねるごとに発生率が高くなります。

 

原因はわかっていませんが、女性ホルモンの分泌が関係していると考えられています。自覚症状としては、月経過多や不正出血、生理痛のほか、貧血、便秘、頻尿、残尿感などがあります。また人によっては自覚症状が全くなく、気付かないうちに筋腫が大きくなっていることもあります。

 

[効果的な食材]
ウツボグサ | きくらげ | ケイトウ | こんにゃく(コンニャク) | サメ(鮫)の軟骨 | しいたけ(椎茸) | ハス(蓮)の実
[健康レシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ