トップ > 食育キーワード > 前立腺肥大

前立腺肥大 

男性の膀胱と尿道を囲む前立腺の内部の腺が肥大することで排尿の異常が起こる状態を、前立腺肥大といいます。その多くは50歳代から肥大が始まり、症状は3段階に分かれます。

初めは尿が出にくい感じがして、排尿の回数が増えますが、そのうち残尿感が出現し、昼間でも頻尿が起こるようになります。更に進行していくと、排尿困難がひどくなって、膀胱に尿が溜まり、腎臓に障害が出始めます。

 

前立腺に多く存在する男性ホルモンの代謝を良くする為に、食事は亜鉛を多く含むカキ、レバー、プロセスチーズ、牛モモ肉などを取り入れると良いでしょう。

水分とカリウムを多く含むスイカやとうがんは、尿の排泄に働きかけてくれます。また、餅やおかきなどのもち米を使った食品、ぎんなんなどは、昔から、尿の出を抑えるので控える方がよいと言われています。

 

[関連するおすすめの食品]
〈亜鉛を多く含む〉
カキ(牡蠣) | レバー | チーズ
〈水分とカリウムを多く含む〉
すいか(西瓜) | とうがん(冬瓜)
[その他:ハーブ、漢方、サプリメント類]
〈利尿〉 アマチャズル | オオバコ
[健康レシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ