トップ > 食育キーワード > 喘息(ぜんそく)


【アレルギー関連】

喘息(ぜんそく)

気管支が収縮して気道が狭くなり、息が苦しくなるのが、ぜんそくです。発作がおこると、のどが「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」と鳴って息苦しくなり、呼吸困難に陥ったり咳が止まらなくなります。

花粉症

花粉症とは、様々な花粉が原因(アレルゲン)となって、アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎といった症状をひき起こすものをいいます。

気管支炎

風邪やインフルエンザに伴うことが多く、気管や気管支の粘膜に炎症がおこります。咳と痰がおもな症状で、 原因の多くは、喫煙や空気の汚染です。冷気などの刺激で症状が重くなることがあります。

アレルギー性鼻炎

ハウスダストなどの原因物質(アレルゲン)を吸い込むことにより、鼻の粘膜からアレルギー反応が起こり、くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった症状が現れます。

アレルギー全般

体には、ウイルスや細菌といった異物を排除しようとする、免疫反応という防御力があります。この免疫が過剰に反応することで、不快な症状が現れることを、アレルギー反応といいます。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー反応により皮膚に炎症を起こし、激しいかゆみをともなう症状をいいます。

アレルギー性結膜炎

ホコリやダニといったハウスダストや、花粉が主な原因となり、目に起こるアレルギー反応です。
食育大事典facebookページ
ページのTOPへ