トップ > 食育キーワード > 冷え性


【女性に多い悩み】

冷え性

冷え性は、特に思春期や更年期の女性に多く見られ、手足が冷たい、夜なかなか体が温まらず寝付けないなど、人によってその症状もさまざまです。また頭痛、肩こり、腰痛、イライラ、のぼせ、めまい、動悸などを伴うこ…

生理痛

月経痛(生理痛)の症状としては、下腹部や腰の痛み、頭痛や眠気、イライラなどの症状を訴える場合もありますが、何の症状もない場合もあり、個人差が大きいものです。原因は、ホルモンのバランスが崩れることとされ…

そばかす

そばかすは、細かい茶褐色の斑点で、5~6歳頃から出始めます。そばかすの主な原因は日焼けで、紫外線に当たるとメラニン色素を合成する酵素が活性化され、皮膚にメラニンが沈着して色が濃くなったり、数が増えたり…

つわり

つわりは、妊娠第6週ごろから始まる生理的な変化で、症状は人によってさまざまですが、おもに吐き気や嘔吐、食欲不振、胃部不快感、嗜好の変化などがあらわれます。その他頭痛、めまい、便秘、全身倦怠感、イライラ…

肌のトラブル

肌がカサカサになったり、毛穴が開いてきめが粗くなったりする肌のトラブルは、乾性肌の人も脂性肌の人にも起こります。原因は、ホルモン分泌の異常や、風邪、便秘、ストレスなどといったことがあげられます。

母乳不足

特に初産の人に多く、原因としては、乳腺や乳頭の異常や、栄養不良、睡眠不足、過労、精神的ストレスなども大きく影響します。ショックなことや、悩みがあったりするとホルモンに影響を与え、母乳が分泌されなくなっ…

低血圧

低血圧とは、最大血圧が100mmHg以下、最小血圧が60mmHg以下の場合をいいます。 朝起きられない、起きてもしばらくは物事に集中できず、行動力も鈍いなど、午前中の間、体調不良が続くのが低血圧の特徴…

便秘

便秘には、機能性便秘と器質性便秘があり、最も多いのが機能性便秘(常習性便秘ともいう)で運動不足気味の人がなりやすいものです。対策としては、食事と運動が一番です。

膀胱炎

胱炎とは、膀胱の粘膜に炎症が起きる病気で、原因は尿道からの細菌感染です。膀胱には細菌に対する抵抗力があるのですが、病気をしたり、疲れているときなど抵抗力が弱くなった場合に感染しやすくなります。

貧血

貧血は、血液の成分である赤血球や、その中に含まれているヘモグロビンという赤い色素の量が減少した状態をいいます。このヘモグロビンの主成分が鉄で、そのため体内の鉄分が不足すると貧血になるのです。

不妊症

不妊症とは、特に避妊をしていないのに、結婚後2年以上経過しても妊娠しない場合をいいます。女性が不妊症になる原因には、卵巣、下垂体、副腎、甲状腺などのホルモン系統の異常や、子宮に筋腫・奇形・発育不全があ…

肩こり

肩こりは、軽視されがちですが、肩だけでなく、首筋も背中も同時に苦しくなることが多くみられます。 原因はさまざまで、肩や首の筋肉は身体のあらゆる部分の疾患によって緊張しやすく、胃腸、肺、肝臓、眼、鼻、耳…

更年期障害

更年期とは、女性の閉経前後2~3年間をさし、成熟期から老年期へ移る時期のことをいいます。 更年期になると、卵巣機能の働きが低下し、ホルモンバランスがくずれ、自律神経失調症などを起こすようになります。

子宮筋腫

子宮筋腫とは、子宮筋肉の層にできる良性の>腫瘍のことをさします。20歳以下の女性に発生することはまれで、30歳、40歳と年齢を重ねるごとに発生率が高くなります。

しみ

しみは、薄い褐色の色素斑で30歳以上の女性に多く見られます。しみの主な原因は日焼けで、紫外線に当たるとメラニン色素を合成する酵素が活性化され、皮膚にメラニンが沈着して色が濃くなったり、数が増えたりしま…

腰痛

2本の足で自分の体の重さを支えている私たちは、常に腰に大きな負担をかけています。 年を取るにしたがい、背骨や腰が弱くなって、負担に耐えきれなくなると、腰痛がおきやすくなります。

肥満

肥満とは、摂取したエネルギーのうち、消費されない余分なエネルギーが体脂肪として貯蔵され、これが過剰となって蓄積されること。肥満がこわいのは、糖尿病や心臓病、高血圧など生活習慣病の発症率が高いことです。…
食育大事典facebookページ
ページのTOPへ