トップ > 食育キーワード > ビタミンB6


【ビタミン類】

ビタミンB6

ビタミンB6は、たんぱく質の代謝を促すために必要なビタミンです。 健康な皮膚や髪、歯をつくり、成長を促進するので、特に発育期の子供や妊婦、授乳婦には不可欠です。 また、免疫機能を正常に保つ働きもありま…

ビタミンB12

ビタミンB12は、葉酸と働きあい、赤血球を作り出す役割があります。ビタミンB12が不足すると、だるさやめまい、動悸、手足のしびれといった症状が起こり、悪性貧血になる恐れがあります。また、神経過敏、集中…

ビタミンB1

ストレスにさらされる機会の多い現代人には、特に重要なビタミンです。 ビタミンB1の働きは、ご飯やパン、砂糖などの糖質を分解する酵素の活動を助け、エネルギーに変えることです。 ビタミンB1が不足すると、…

ビタミンA

ビタミンAには、皮膚や粘膜、髪、目の働きを正常に保つ、肺や気管支などの呼吸器系統の病気の感染に対して抵抗力をつける、生殖機能を維持する、成長を促進する、といった働きがあります。また、ガンの予防や治療に…

葉酸

葉酸は、ビタミンB群の一種で、水溶性のビタミン。最初に抽出されたのがホウレン草だったことから、この名が付きました。血液(赤血球)の合成や、DNA(デオキシリボ核酸)やRNA(リボ核酸)といった核酸の合…

ビタミンB2

ビタミンB2は、細胞の再生や成長を促進する働きのあるビタミンで、健康な皮膚、髪、爪を作るのに不可欠です。 また、脂質や糖質の代謝にも関係しています。ビタミンB2が不足すると、脂質がスムーズに代謝されず…

ビタミンE

ビタミンEは、老化の原因と考えられている活性酸素や、動脈硬化などの原因となる過酸化脂質の生成を妨げる働きがあります。 不足すると、肌にトラブル(しみやしわ)が現れたり、血行が悪くなることにより、冷え性…

ビタミンD

ビタミンDには、カルシウムやリンの吸収を促すなど、丈夫な骨や歯を作るために必要な働きがあります。発育期の子供はもちろん、妊娠・授乳期、更年期の女性は特に、カルシウムと共にしっかりと摂取する必要がありま…

ビタミンC

ビタミンCには、肌の張りを保ってしみやしわを防ぐ作用や、ウイルスや細菌に対する抵抗力を高め、風邪や感染症を予防する働きの他、ストレスを和らげる、血中コレステロールを下げる、発ガン物質の生成を抑える、コ…
食育大事典facebookページ
ページのTOPへ