トップ > 食育キーワード >


【その他】

日々の生活や運動などによってエネルギーを消費すると、血液中に疲労物質である乳酸が残ります。

アロエ

アロエは数千年前から薬草として利用されてきた多年生植物で、アフリカ大陸の南部が原産地と言われ、300~400種以上もあるそうです。

赤ワイン

赤ワインをたくさん飲んでいる人は動物性食品をたくさん食べているにもかかわらず心臓病が少ないということで「フレンチ・パラドックス」で注目を集めた赤ワインは、その色をつけるぶどうの皮に含まれているタンニン…

わかめ

日本人は昔からわかめを食用していたといわれています。わかめは太平洋岸では北海道の室蘭以南、日本海側では北海道以南のほとんどの海岸で分布しており、とくに三陸・鳴門・出雲わかめなどが有名です。

こんぶ

昆布は海の野菜として昔から重宝がられてきました。ビタミンやヨウ素、カリウム、カルシウムなどを含む薬効高い貴重な食材の一つです。

うめ・うめぼし

梅は、奈良時代以前には中国から持ち帰られたようで、はじめは観賞用の花として栽培されていたそうです。梅の実には多くの薬効があり、色んな民間療法に取り入れられています。

ひじき

ひじきには鉄、カルシウム、リン、カリウム、ヨウ素が多く含まれ特に鉄はなんと牛乳の500倍も多く含まれカルシウムはこんぶの2倍も多く含まれる優れものです。

緑茶

緑茶は動脈硬化の予防、血糖低下などの効果 がありビタミン類の中でも、とくにビタミンCが多く風邪予防・美肌効果 などがあるともいわれています。
食育大事典facebookページ
ページのTOPへ