トップ > 食育キーワード > 鶏の内臓と副生物


【肉類】

鶏の内臓と副生物

牛・豚の副生物に比べて食用となる部分は少ないですが、大切なビタミン源には良いようです。

羊肉

羊肉はビタミンB2や鉄が多量に含まれています。しかも良質のたんぱく質で肉がやわらかくて消化がよく必須アミノ酸やミネラル・バランスのよい健康食品と言えます。

豚肉

豚はありとあらゆる部分を上手く料理に使われ、捨てるところが無いとされています。 日本では、明治時代の中頃から一般的に普及し始めました。

豚の内臓と副生物

豚の内臓や副生物は鉄を含む部分が多く貧血に効果があるようです。牛肉と同じ名称が多いですがカシラニク(頭肉)、ミミ(耳)など牛ではあまり食用としない部分も豚の場合は使われます。

レバー

日本で食べ出したのはつい最近のことでですが、欧米などでは古くから牛の内臓や豚の内臓を食用としていたそうです。

牛の内臓と副生物

牛肉にはロース・ヒレ・もも肉等おなじみの部位以外にも、内臓などの副生物で食用となるものが、なんと約28種類もあります。

牛肉

牛肉には脂質・たんぱく質・鉄が豊富に含まれており、特徴としては鉄が豚肉よりも多く含まれている事です。

鶏肉

牛肉・豚肉に比べて淡白で食べやすいということから親しまれていますが、たんぱく質を豊富に含み、脂肪が少なく、胃腸の弱い人のたんぱく源には最適でしょう。
食育大事典facebookページ
ページのTOPへ