トップ > 食育キーワード > 夏バテ


【その他】

夏バテ

夏バテはおもに、冷房がきいた部屋と室外との気温差が激しいなど、暑さや湿気の急激な変化に体のリズムがついていけず、自律神経の働きが鈍くなることから起こります。

のぼせ

強い日差しを受けたり、熱いお風呂に長時間つかったり、人前に出て緊張したりした時などにあらわれます。これらののぼせは、皮膚の血管が拡張し、血液の流れが多くなる為におこります。

夜泣き

時期がくれば治りますので気にし過ぎない様にしましょう。

発熱

体温調節のバランスがくずれた時におこります。一番多いのが細菌やウィルスなどによって熱が出るケースで、風邪やインフルエンザ、扁桃腺、腎盂腎炎などの感染症の時です。

夜尿症

3歳まではあまり心配しなくても大丈夫です。けれども6歳頃になっても頻繁に起こるようならば、機能的な問題がある場合がありますので、医師に一度相談しましょう。

浮腫(むくみ)

体の中の水分が皮下組織に異常にたまるとむくみがおきます。 栄養障害によるものと病気によるものがあります。

二日酔い

二日酔いとは、お酒の飲みすぎなどで、翌日になっても頭痛、吐き気、めまい、食欲不振、不快感などが残ることです。

頻尿

頻尿とは、排尿の回数が多くなる事です。いわゆるトイレが近い事です。 1日の排尿回数が10回をこえる場合を、頻尿といいます。
食育大事典facebookページ
ページのTOPへ