トップ > 食育キーワード > 胸やけ


【内臓関連(胃腸、肝臓等)】

胸やけ

胸やけとは、上腹部から胸の奥にかけて、焼けつくような不快感とともに、げっぷやすっぱい胃液が出ることをいいます。その多くの原因は、さつまいもやようかんなど、デンプン質の多い物の食べ過ぎや暴飲暴食、たばこ…

吐き気

食べ過ぎや飲み過ぎ、食あたり、乗り物酔いやつわりなどで、胃に起こるむかつきや不快感のことです。食べ過ぎや飲み過ぎの場合は、食べ物や飲み物が胃に入り過ぎて消化しきれなくなっているので、ガマンをするより嘔…

腸炎

腸の粘膜に炎症が起き、急激に下痢や腹痛、吐き気やむかつきにおそわれるのが急性腸炎です。 原因としては、暴飲暴食や寝冷えなどで、その場合絶食をして腹部を温め安静にします。

胆石症

胆のうに胆汁の成分が固まって石ができる病気が胆石症です。脂肪の多い食事や運動不足に原因があるといわれていますが、まだ明らかではありません。

腎臓病

腎臓病には、急性腎炎、慢性腎炎、ネフローゼ症候群などいろいろあります。腎臓に炎症が起きるのが腎炎で、1年以内でおさまるものが急性腎炎、それ以上続く場合を慢性腎炎といっています。

食欲不振

ストレスの多い現代社会では、ちょっとしたことで食欲不振になりがちです。どうも食欲がないと感じたら、運動不足になっていないか、あるいは悩み事がないかなど、自分自身でチェックしてみることも必要です。

食中毒

食中毒は別名食あたりともいい、その原因は細菌、自然毒、化学物質などを口内に入れることによって、腹痛、下痢、嘔吐などの症状が起きることです。手当てとしては、毒物をすぐに吐き、体内から出すことが必要です。

十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍とは、胃液の分泌が増えたり、十二指腸を消化されないよう守っている粘膜の血流や粘液、ホルモンなどとのバランスがくずれて、十二指腸の内壁がただれたり、傷ついたりする病気のことです。原因胃潰瘍と…

胃下垂

胃が垂れ下がった状態をいいますが、虚弱体質、やせた体型の女性に多いようです。 消化不良による諸症状、吐き気、胸やけ、げっぷなどの訴えが多いようです。

胃もたれ

胃が重苦しい、はった感じ、黄水が上がるなどの表現をよく耳にしますが、多くは 暴飲・暴食、寝る直前に食べたことが原因でおこります。一時的なものなら心配要りませんが、長期間に及ぶ場合は注意が必要です。

肝炎

肝炎(急性、慢性)の原因の多くは、A・B・C型などのウイルス性です。特にC型肝炎は要注意で、6割以上が慢性肝炎に、また、3割以上が肝硬変、更には、肝臓癌にまで進行するといわれています。 急性肝炎では、…

肝機能障害

肝機能障害とは、肝炎(急性、慢性)や脂肪肝、肝硬変、その他の理由で肝臓の機能が障害を受けた状態をいいます。最近の食事事情や、運動不足から多くみられる脂肪肝の原因の多くは、肥満とアルコールです。

肝硬変

肝硬変は、様々な原因によって生じた肝障害の終末像で、進行するにつれ、肉眼的に、肝臓が硬く、小さく、表面 も凸凹になります。黄疸、腹水、精神、神経症状などの肝不全症状を、伴わない時期を代償性、伴うように…

下痢

下痢は、食べ過ぎや冷たいものの飲み過ぎ、寝冷えなどから起こる一過性のものと、病気の症状として起こるものがあります。一過性の下痢の場合は、おなかを温めて、絶食と温かいスープなどで水分の補給をすれば、数日…

胃潰瘍

胃潰瘍とは、胃液の分泌が増えたり、胃を消化されないよう守っている粘膜の血流や粘液、ホルモンなどとのバランスがくずれて、胃の内壁がただれたり、傷ついたりする病気のことです。 原因は現在ではヘリコバクター…

便秘

便秘には、機能性便秘と器質性便秘があり、最も多いのが機能性便秘(常習性便秘ともいう)で運動不足気味の人がなりやすいものです。

胃炎

急性胃炎は、急激に何らかの原因で胃粘膜が障害を受け、胸焼け、嘔気、みぞおちの不快感、痛みが出現します。ストレス、アルコール、喫煙、暴飲暴食、食中毒、香辛料の摂りすぎなどが原因でおこります。これが、改善…

膀胱炎

膀胱炎とは、膀胱の粘膜に炎症が起きる病気で、原因は尿道からの細菌感染です。

癌全般

悪性腫瘍の総称です。3つに大きく分けられます。がん腫、肉腫、白血病です。

腹痛

痛の多くは、食道や胃腸などの消化器系の病気や、泌尿器系の病気、女性では子宮や卵巣などの婦人系の病気で見られます。また、心臓病でも腹痛が起こるときがあります。
食育大事典facebookページ
ページのTOPへ