トップ > 食育キーワード > ブリ

ブリ 

AZ130_Lブリは脳を活性させる出世魚。

 

ブリは、ビタミンB1ビタミンB2ビタミンDビタミンEを多量に含み、中でもビタミンDが多く体の中でカルシウムの作用を助けるはたらきがあります。

また、質のよいたんぱく質脂質も豊富に含まれています。

そのほか、鉄分も豊富で貧血に効果があり、これらの栄養素は血合い部分に多く含まれていると言われます。

 

また、脂の中には、EPAとDHA(不飽和脂肪酸)を含んでいて、脳細胞を活性化する、血栓の発生を抑える、血中コレステロールを下げる、動脈硬化や痴呆を防ぐなど優れた効果があります。

ブリにはビタミンEも含まれていますので、不飽和脂肪酸は酸化されやすいのですが安心して食べることができます。

 

[主な栄養素]
ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、たんぱく質
[効用]
貧血、動脈硬化、低血圧、心筋梗塞
[選び方のポイント]
切り身なら切り口がなめらかで身が割れていないもの。また、かたくしまっていて光沢があり目が澄んでいるものが良い。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ
ページのTOPへ