トップ > 賢人の食と心 > 第9回(前編)

えべっさん 笑みを湛えた福の神 えびす顔には より福来る

兵庫県南東部、銘酒の産地として名高い灘五郷の一つを有する西宮市の中央に「西宮神社(にしのみやじんじゃ)」は鎮座しています。福の神として全国に広く崇敬されている「えびす大神(蛭児大神)」をお祀りする西宮神社は、全国に約3500社あるえびす神社の総本社。関西では「えべっさん」「えべっさま」と呼ばれ親しまれています。

宮司の吉井良昭 様

西宮のえびす様は、神戸の和田岬沖の海で西宮・鳴尾の漁師の網にかかった御神像を、西の地にお遷しし、祀られたのが起源とされています。鎮座の年代は定かではありませんが、平安時代の文献にはえびす様の名が記されており、鎌倉時代の正元年間(1250年代)には十日えびす大祭を厳粛に行なうための「忌籠(いごもり)」が斎行されていました。 西宮えびすの信仰は、えびす人形を使った人形操りなどの芸能を通して全国に広まり、明治時代以降は交通機関の発達に伴って、参拝者数が飛躍的に増加しました。現在では1月9日から11日にかけて行なわれる「十日えびす」の3日間に100万人を超える参拝者で賑わいます。
全国的にも珍しい三連春日造(さんれんかすがづくり)の本殿に、国の重要文化財である表大門(赤門)と大練塀、そして天然記念物のえびすの森を抱える西宮神社。今回は、代々西宮神社を受け継がれている、宮司の吉井良昭様に境内をご案内頂きながらお話を伺いました。

社務所で授与いただいた「西宮大神御神影札」

えびす様

えびす様は、右手に釣竿を持ち、左脇に鯛を抱えているお姿として知られています。西宮神社がお祀りしているえびす様は「蛭児命(ひるこのみこと)」様というお名前の神様で、同じえびす様として「事代主神(ことしろぬしのかみ)」という神様をお祀りしている神社もあります。こちらの総本社は、島根県にある美保神社。全国にはいろんなえびす神社がありますが、えびす様としてお祀りしている神様もそれぞれです。それには歴史的に様々な由来があるのだと思いますが、いずれにしても海に関わりのある神様ということですね。

えびす様ははじめ、漁業の神様として信仰が広まりましたが、室町時代以降は七福神信仰によって福の神としても信仰されるようになり、水揚げされた魚を市場で売買することから市の神、商売繁盛の神、また江戸時代以降は農村部で田の神としても信仰されています。 そのように、我々の生活に密着した非常に近い神様と言えますね 。

表大門(赤門)

赤門と大練塀

西宮神社の正門は表大門で、高さは約9メートルあります。雄大な桃山建築の様式で、丹塗りであることから、通称「赤門(あかもん)」と呼ばれています。この門に突き当たる東西の道が旧西国街道で、京都からここまでまっすぐ延び、更に九州まで続いています。ですから、江戸時代はお殿様の参拝も多く、神社の周りは宿場町として栄えました。

本殿を含む境内の建物は、天文三年(1534年)の兵火によって焼失したと伝えられていますが、豊臣秀頼公の寄進によって慶長九年(1604年)から5年の歳月を費やし、再建されました。

大練塀

また、この門の左右に連なる土塀は「大練塀(おおねりべい)」と云って、赤門と共に国の重要文化財に指定されています。この塀には芯となる骨格がなく、版築(はんちく)という工法で、枠を作って土を重ねて積んで行き、突き固めます。また、厚みを揃える為に木を当てるため、木目が表面に残っています。

大練塀が最初に建てられた年代は定かではありませんが、昭和二十五年に大修理をした際、塀の土の中から中国の古銭が出て来ました。これによって室町時代に建造されたものと推定され、全長247メートルの土塀は、名古屋・熱田神宮の信長塀、京都・三十三間堂の太閤塀と共に日本三大練塀と呼ばれています。

御祭神
・第一殿「えびす大神(蛭児大神)」(東・向かって右)
・第二殿「天照皇大神、大国主大神」(中央)
・第三殿「須佐之男大神」(西・向かって左)

この御本殿は三連春日造(さんれんかすがづくり)と云って、江戸時代の初期に四代将軍徳川家綱の御沙汰で造営されました。非常に珍しい構造を持つ社殿として国宝に指定されていたのですが、戦災で焼けてしまい、昭和36年に復興されました。平成23年には復興50周年事業として改修を行ない、御本殿だけでなく、祈祷殿の新築、神池とおかめ茶屋の改修もしています。

普通に考えますと、えびす様は御本殿の真ん中にいらっしゃると思うかも知れませんが、実は向かって右側にお祀りされています。ですから、えびす様の前まで来て一生懸命お祈りされる方もおられます。もちろん、真ん中でお祈りするということは、みなさんにお参りするということですね。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ